株式会社セブンシーズ株式会社セブンシーズ

株式会社セブンシーズ

logo_iconSERVICE

古く固定化された概念を超えた
新しいアイデアを考える不動産事業会社です。

オフィスビル賃貸業、宅地建物取引業、プロパティデベロップメント・企画/コンサルティング業務
都市開発から、土地建物の売買、賃貸、仲介、ビル管理、内装・設備工事まで。

サービス イメージ

logo_iconPROJECT

東京都品川区 大崎プロジェクト

PROJECT 01

東京都品川区 大崎プロジェクト

JR大崎駅西口再開発事業〜オフィスビル運営

JR大崎駅西口中地区の「法定都市再開発事業」として、兄弟会社である「アズマ建設企画株式会社」と共にの1.4haの地に、38~39階建の高層住宅棟2棟、7階建て業務棟等を再生・整備する街づくりを推進。現在は業務棟(オフィスビル)のリーシングを行う。
アズマ建設企画株式会社

スポーツ施設活性化プロジェクト

PROJECT 02

スポーツ施設活性化プロジェクト

スポーツ合宿所への不動産投資や、低稼働なスポーツ施設の運営、またスポーツクラブやチームといったソフトコンテンツの運営を手がけている。

具体的なプロジェクト例
株式会社R.projectとパートナーシップを組み、千葉県安房郡鋸南町の宿泊施設「サンセットビレッジ」への不動産投資を手がけています。その他地域でも「スポーツ合宿所」を核とした地方都市の活性化をトライしています。

図 図

1. ハードに設備投資し、より使いやすい施設に更新すること
ハードの再開発は、施設設備の中でまだ使えるものはなるべくそのまま使い、必要なものに絞って再投資を行うアプローチです。このことで、利用者が適正な利用料でスポーツに参加しやすいという環境を整備します。

2. ソフトを運営/プロデュースし、スポーツ施設の役割を増やすこと
ソフトの運営は、地域内外問わず、運動経験問わず様々な人が利用し、交流できるようなスポーツクラブやスポーツイベント、コミュニティづくりといった仕組み(ソフト)の自社運営およびプロデュースを手がけています。

東京都世田谷区等々力プロジェクト

PROJECT 03

不動産投資技術開発プロジェクト

不動産証券化スキームに代表される不動産の金融投資商品化に対し、より積極的に商品開発及び自己投資を行っていく。既存のREITや投資法人が手掛けられないような案件に対しても、当社の新たな視点及び手法により、その価値を高め不動産業界の発展及び安定化に尽力する。2019年には、金融分野の知見獲得及び将来的なシナジーの創出を見込みアミュレットキャピタルマネジメント株式会社へ出資した。

アミュレットキャピタルマネジメント株式会社
適格機関投資家等特例業務にて日本国債先物での投資運用を手掛ける。独立系運用会社として2012年より安定したパフォーマンスを発揮し、証券会社等の金融機関より評価を得る。

東京都世田谷区等々力プロジェクト

PROJECT 04

東京都世田谷区等々力プロジェクト

低層集合住宅開発

大井町線等々力駅徒歩5分の地に、等々力渓谷公園に隣接し、自然を享受できる集合住宅を企画/開発しました。

logo_iconCOMAPNY

商号
株式会社セブンシーズ
所在地
〒141-0032 東京都品川区大崎2丁目9番3号大崎ウエストシティビル
電話番号
03-3491-5476
FAX番号
03-3491-5466
ミッション
不動産に新しいアイデアを。
古く固定化された概念を超えた新しいアイデアを考える不動産事業会社です
事業内容
オフィスビル賃貸業、宅地建物取引業
プロパティデベロップメント・企画/コンサルティング業務
都市開発から、土地建物の売買、賃貸、仲介、ビル管理、内装・設備工事まで。
登録免許
宅地建物取引業者登録 東京都知事(4) 第78617号
沿革
1974年7月 創業
2009年9月 大崎駅西口中地区第1種市街地再開発事業完成
2012年10月 世田谷区中町 森音テラス完成
2019年5月 アミュレットキャピタルマネジメント株式会社と業務・資本提携
2019年7月 株式会社オルタナティブプランと合流
代表取締役
梅沢 佳充
1977年ブラジル サンパウロ生まれ
2000年慶應義塾大学法学部法律学科卒業
卒業後は株式会社電通に勤務。プロジェクトプロデューサーとして担当クライアント商品の広告領域を飛び出し、新しい価値を持った「新商品開発」など事業戦略〜マーケティング戦略の立案・実施を手掛けた
2009年株式会社セブンシーズ入社。古く固定化されたプロパティを活性化させるような逆転戦略を提案し、開発運営を行う。
016年筑波大学大学院スポーツ健康システム・マネジメント専攻を修了。
都市部の地域コミュニティの希薄化防止に向けた交流施策が研究テーマ。
ceo 梅沢 佳充